Works

南相馬 みんなの遊び場 ”Playground for All” in Minamisoma

2011年3月11日に起こった未曽有の大震災が例外なくここ南相馬・鹿島町にも襲い掛かった。敷地を初めて見たのは震災から3年が経ってからである。地域の人々の心には放射線の脅威が残っている、そう強く実感した瞬間だった。こうした状況下で、こどものためのインドアの砂場を設計することになった。私たちはここに誰にでも分かり易い、親しみが持てるようなサーカス小屋のような屋根形状をした親子屋根を提案した。二つの大柳の下では力強さと繊細さが同居した木造の架構が柔らかくこどもたちを包む。外のデッキではこどもがぐるぐる走り回っている。きぼうの絵馬に描かれたこどもの夢を読むのもとても楽しい。このみんなの遊び場が地域の人々にとって心の拠り所となることを切に願っている。

year
2016.05
program
playground
location
Minamisoma, Fukushima, Japam
structure
wood
scale
1 story
site area
697.82 m2
building area
171.37 m2
total floor area
153.34 m2
design period
2014.7 - 2015.5
construction period
2015.7 - 2016.5
status
category
staff
,
magazine title
  • 新建築 2016年11月号
partner
  • 設計JV:伊東豊雄建築設計事務所
  • 構造:鈴木啓 / ASA
  • 設備:ZO設計室
  • 設計協力:東京工業大学 柳澤研究室