材木座 2012
ZAIMOKUZA_2012_01 ZAIMOKUZA_2012_02 ZAIMOKUZA_2012_03 ZAIMOKUZA_2012_04 ZAIMOKUZA_2012_05 ZAIMOKUZA_2012_06 ZAIMOKUZA_2012_07 ZAIMOKUZA_2012_08

海岸にほど近い傾斜地に建つ二世帯住宅である。鎌倉という自然豊かな場所の条件を出来るだけ家の中だけでなくその周辺環境を全て含めて設計条件としている。家の中であれ家の外であれどこにいても家族の気配とともに自然の息吹が感じられるような様々な場所を共有する家である。

流動する箱
FLUID BOX_01 FLUID BOX_02 FLUID BOX_03 FLUID BOX_04 FLUID BOX_05

空や自然に対して開かれた比較的内向的な住宅である。3種類の異なる色のトップライトや可動の手摺、階段など、インテリアはまるで舞台装置のように設えてあり、その大きな気積は高密度な都市環境における施主の生活の自由度を十分に保障するものである。

スキップハウス
Skip house_01 Skip house_02 Skip house_03 Skip house_04 Skip house_05

間口4m、奥行き13mという細長い敷地に多くの部屋のリクエストがあった。
この要求にあまりきちんと各部屋を区切るのではなく、ずるずると一筆書きで立体的に繋がったような空間を提案した。
幅が狭いということを逆に細長い空間の連続、と考えこの家族の関係を出来るだけ素直に空間で表現したいと考えた。

そらの家
Sky House_01 Sky House_02 Sky House_03 Sky House_04 Sky House_05

仕事から家に帰ってきたときだけは気持ちが解放されるような大きな空間の家をイメージした。
さらにその大きな空間に空が映りこむような大きな開口を設け、個々の空間はこの大きな吹き抜けを通じて繋がるような断面構成である。

みちの家
Unknown house_01 Unknown house_02 Unknown house_03 Unknown house_04 Unknown house_05

母と息子夫婦、そして学習室などが部屋としてではなく家という単位が集合することでさらに大きな家を共有するような平面構成を提案した。
「みち」と呼んでいる共有空間を中心に生活が展開する。
「みち」は外部から連続しそれぞれの家を紡ぎながらお互いのプライバシーを確保するための緩衝帯の役割を果たす。
各家とみちはFRP(強化繊維プラスチック)を間仕切りとして柔らかく区切り、お互いの気配をどこに居ても感じられ家族が緩やかに繋がっているような住宅である。

なぎさハウス
House Beach_01 House Beach_02 House Beach_03 House Beach_05 House Beach_04

1階を集会室のような大きな広間、2,3階をプライベートな空間とした。
特に前面の通りに対しての街並みを意識し、ファサードには杉板を塗装して使っている。
様々な人たちが集まりやすい家、という施主の希望があり、出来るだけそこにいてリラックス出来る様な場所を多く提供しようと考えた。
テラス、書斎、ロフト、階段室など普段は裏方に回ってしまうような空間をむしろ主役にしたような構成である。
海や空の風景が自然に家の中に入り込んでくるような開放的な住宅。

タナカハウス
House Tanaka_01 House Tanaka_02 House Tanaka_03 House Tanaka_04 House Tanaka_05

1階と3階のプライベートな空間が2階のリビング・ダイニング・キッチンをサンドイッチしているような構成。
吹き抜けの階段室がこの家の中心に来ることで家族の動きや居場所がいつもわかるようなシンプルな構成にした。
特に二階はこの家族がもっとも長い時間を過ごすので天井高さを3m以上にして キッチン・階段室・ダイニング・リビング・バルコニーが緩やかに連続するような居心地の良い空間を目指した。
玄関前の外部にはヒバ材を埋め込んであり砂と木が混ざり合うような小さなランドスケープを形成している。
建物の外装はサイディング(w=455、t=12)を用いて廻りの万年塀と同じような横の線を強調しながら周辺に対してしっかりとしたボリューム感を出したいと考えた。